旦那の事情

admin 03/08/2011

夫婦となってからどちらが不倫をしそうかと聞くと、
大半の方は夫と答えると思います。
男性というのは子孫を残すという遺伝子情報から
たくさんの女性と交わりたいという願望が備わっているものであり、
いつのまにか不倫をしてしまうということになります。
しかし、夫が自分で不倫をしているかどうか?と
自問自答するとそんなことはないという答えも返ってくると思います。
キャバクラに通っている所帯持ちの男性を例に挙げてみましょう。
気に入った女の子の元へ何度も何度も通いつめ、
やっと恋人のような関係にまでありつけたとします。
これを不倫と言えるならばそれはなぜでしょうか?
多くの女性は「肉体関係を持ったら不倫、もっていなかったら浮気」と答えると思います。
妻以外の女性と何度も会っているという時点で浮気で、
セックスしたかどうかという時点では確実に不倫なので
この考えは間違っていないと思います。
やはり、たくさんの女性と交わりたいという願望が
備わっている男性にとっては不倫はとても魅力であるといえるでしょう。
そして、その責任は男性だけにあり妻は何一つ問題はないといえると思います。
なぜかというと、男性は女性とヤレるチャンスが
あったから不倫になってしまったというだけで、
妻に不満があったから勢いで不倫したというわけではないからです。
夫に浮気された女性はとても虚しい気持ちになり、
まれに自分を責める女性もいるかと思いますが、これは違います。
男性にもともと備わった遺伝子情報と諦めて、男性の習性と片付けましょう。

About the Author

コメントを残す